カワハギ

  1. <画像>口の先を包丁で落とします。

  2. <画像>アンテナ!?も切り落とします。

  3. <画像>ヒレも根元を包丁で引いて切り落とします。

  4. <画像>こんな感じになります。

  5. <画像>包丁で切った部分から、指で皮を剥いでいきます。カワハギの皮は強いので、丁寧に引けばきれいに剥けます。

  6. <画像>ツルンと剥けてしまいました。裸!?のカワハギになります。

  7. <画像>頭を落とします。背骨は力を入れて切る必要がありますが、腹部は肝を傷つけないように表面の皮だけ切るようにします。

  8. <画像>腹部には肝があります。丁寧に取ってあとで「肝あえ」などを作るときに使います。肝の部分にある黒い部分はニガ玉で苦いので潰さないように取り除いてください。

  9. <画像>軽く洗ったあと、普通の魚同様、あとは3枚おろしにします。包丁の背に背骨を感じながら身を引いていきます。身の反対側も同じです。

  10. <画像>3枚おろしの完成です。

  11. <画像>身の部分の腹部側には腹骨が残っていますので削ぎ取ります。

  12. <画像>身の中央の細かい骨のある部分を取り除きます。

  13. <画像>身には薄皮が付いています。これをそっと引いて取ります。意外にこれがむずかしいのですが、この薄皮があると結構歯ごたえのある身になりますので、途中で切れないようにやさしく引いて取り除いておいたほうが良いです。

  14. <画像>サクができました。いろいろな料理にご活用ください。

©Houyumaru.com