キスの背開き
  1. <画像>ウロコを取って頭を落としたあと、キスを天ぷらにする場合は、関東では一般的に背側を開きます。 (画像は、捌きやすいようにキスの背側を手前にしています。)
     まず、背骨の上側に包丁を入れ開いていきます。

  2. <画像>包丁の裏側に背骨を感じながら身を引いていきます。反対側も同じように作業します。

  3. <画像>最後に、尾びれの付け根の部分で、背骨を切り落とします。Vの字の中央が腹部になりますが、腹骨が目立つ場合はきれいにそぎ取ります。 小骨ならば揚げた時に火が通れば、食感上も問題はないと思います。
     背骨は、油で揚げると骨せんべいになり、ポリポリ食べられます。更にひと工夫付け加えれば、これもおいしいおつまみのひとつになります。

©Houyumaru.com