メゴチの松葉おろし

  1. <画像>メゴチを天ぷらにする場合は松葉おろしが一般的です。
     メゴチにはウロコはありませんので、まず、ぬめりを軽く洗ってから、背びれの後側から、背中を背びれごと薄く削いでいきます。(画像は、頭が左になっています。)

  2. <画像>前側にあるもう一枚の背びれあたりで、包丁を下に押し込んで、そのままストンと背骨を切ります。
     背骨は切りますが、下側の皮は切らないように、包丁はストンと落とすだけです。

  3. <画像>魚を反対向きにして(画像は右向きに変えたところ)、ひっくり返し裏向きにします。
     包丁で頭側を押さえて、既に背骨を切ってある頭を持って、尻尾方向にゆっくり皮を剥いでゆきます。

  4. <画像>メゴチの服を脱がせてるみたいです(#^.^#)。
     ゆっくり剥いでゆけばきれいに取れるはずですが、万一途中で切れてしまったら、水道の流水の中で皮をつまんで剥いでください。
     でも、途中で切れた皮をつまむのはなかなかやっかいなので、ここは丁寧にやりましょう。

  5. <画像>ほら、きれいに脱げました。尻尾の皮までムケちゃいます。

  6. <画像>中央に背骨が残っていますので、その左右で切り分けます。

  7. <画像>尻尾まで落とさないようにして、背骨の右側と左側に包丁を入れると、画像のような感じになります。そうしたら、真ん中の背骨を切ります。

  8. <画像>これで、メゴチの「松葉おろし」の完成です。

©Houyumaru.com